帝国ギニョル

制作記録とイベント参加告知など…

スポンサーサイト

2016.09.03 Saturday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - |

    結晶できた

    2016.09.03 Saturday 09:04
    0

      こんにちは。今回はお面でも人形でもないただの雑記です。

      8月上旬に結晶実験キットというものをガシャポンで入手しまして、さっそく作ってみました。

      容器に結晶パウダーをお湯で溶かしてベースストーンを入れて放置すると結晶が出来るよ!というもの。

      結晶パウダーがすでに細かい結晶できれい。

      ちょっと溶け残りましたがベースストーン投入。お湯40mlって意外と少ない。

      お湯は90度って指定ですが、水温計がないので熱湯を量ってる間に90度になるだろうってことで遂行。それでも溶かしているうちに冷めてきたので湯煎しました。

      そして家の中で一番振動が少なそうなシンクの隅でひと夏経過。

      赤が10日、黄色が20日で取り出しました。結晶って何か夢があっていいですね。

      季節や環境を変えるともっと違った形状になるのでしょうか。

      どうやって飾ろうか模索中です〜。

       

      - | comments(0) | - | - |

      ぬいぐるみのお面

      2016.08.02 Tuesday 19:57
      0

        こんにちは。夏休みの宿題の季節ですね。

        以前、個人的にぬいぐるみ用に作ったお面を今回改めて作って記録しました。

        工作の参考にでもなれば幸いです。

        以前投稿した狐面メイキングより作るのは簡単ですが、強度はないのでこの作り方で人がつけられるサイズのお面を作られるならさらに工夫が必要かもしれません。

         

        かぶせるぬいぐるみの顔のサイズにあわせて油粘土で山を作ります。モデルにした動物のぬいぐるみは口周りがでっぱているのでその部分はさらに盛り上げます。

        写真のは直径8センチの山で油粘土を150グラムくらい使っています。

        ラップを一辺4センチくらいに切って貼付けて全体を覆います。安定しないようならセロテープで固定します。

        軽量紙粘土で5ミリ以上の厚さで全体を覆い、耳をつけます。

        100均で扱っている軽量紙粘土はやたらとボソボソして扱いづらいものもあります。使用したのはホームセンターで買ったもので、これもボソボソしていました。水を加えながら練っていくとモチモチとした扱いやすい柔らかさになりました。強度を増したい時はここでボンドを少量加えると良いと思います。

        一日放置して表面が乾いたらラップをとってさらに一日乾燥。壊れやすいので扱いに注意です。

        このとき、ひび割れや凹凸を直したり指に水をつけてフチをきれいにならしたりします。

        小さくちぎった障子紙もしくは厚手の半紙を、デンプン糊:ボンド=3〜4:1 を水で3〜4倍くらいに薄めた糊なければデンプン糊を水で溶いたもので貼っていきます。張り子のお面風にみえれば良いので2層だけ貼りました。

        乾いたらキリで紐を通す穴をあけます。紐がふにゃふにゃして穴に入らない時は、紐の端をセロテープで巻くと入りやすくなるし、ほつれ止めにもなります。

        シャーペンで下書きをして顔を描きます。今回は油性ペンを使ってみました。ニスを塗る場合は、滲むことがあるのであらかじめ別の紙で確かめた方が良いと思います。

        完成〜!!

        メイキング | comments(1) | - | - |

        人形できた

        2016.03.29 Tuesday 01:59
        0
          前投稿からちまちま作っていました。人魚です。
          放置しては思い出した頃に作り進め、完成に3〜4年かかってしまいました。
          やりたかった鱗の表現はおおむね満足。

          制作開始当時、童話ものでいくつか作ろうと思ってて、実は去年12月のアーティズムマーケットに持っていった人形もサンタ服を着せちゃった赤ずきんでした。赤ずきんも修正して、いずれこちらに載せられたらいいなと思います。






           
          - | comments(0) | - | - |

          改造してみた 3

          2016.02.08 Monday 00:43
          0
            お久しぶりです。
            今更ですが、昨年はイベント・個展等で色々とお世話になりました。
            今年もぼちぼちやっていきますので、よろしくお願いいたします。
            とは言うものの、今年上半期はイベント参加予定もなく、部屋に転がってる作りかけの物体達をいいかげん完成させるのを当面の目標にしたいところです。
            あとこのブログもちょいちょい更新していけたらいいなと思います。

            そしでさっそく100均仮面の改造記録を載せようと思います。
            先日、ネットを徘徊してたら「魔法の杖の作り方」というのを発見し、早速作って遊んでたんですが、
            グルーガン自体をテクスチャーとして使って仮面ver.も作れそうだなと思い立ち、妖しい人が着けてそうなイメージで作ってみました。
             いつもお世話になっているベネチアンなマスクの身ぐるみを剥ぎます。本体はプラバンみたいにハサミで切れます。裏側はバリが飛び出てあぶないのでカッターでカット。
             
            放射の角度がズレないように油性ペンで補助線を入れ、それに沿ってひたすらグルーガンで痕を作りながら埋めていきます。ラインストーンはツメで支えてるかんじにしてみました。
             
            着色に使ったのは、黒と金2色。黒を全体に塗った後、乾いたフサフサの筆に金を極少量つけ、ステンシルみたいに少しずつたたきつけて、凸部分に色を乗せていきます。明るい金はアクセント。
             
            このままでも充分だと思っていたんですが、合わせてみると目の周りと鼻の下側が丸見えだったので、妖しさupのため最初に剥がした布を切って裏にして裏面から貼ってみました。とりあえず完成!
             アップ

             もっと金属質にしたりグロ表現にも使えそう
            メイキング | comments(2) | - | - |

            第6回ARTiSM MARKETに参加します

            2015.12.16 Wednesday 04:08
            0
              どうもです。
              しばらく間が空いてしまいましたが、まずは先日の個展のお礼を。
              様々な方に作品を観ていただき、とてもよい刺激になりました。
              感想ノートは宝物にします。友人達も来てくれてありがとう。
              また、ちわき様には本当にお世話になりました。場所を借りている身でありながら、あたたかい方々にもてなしていただき身も心も癒されました。
              おかげさまで良い展示ができました。また、機会がありましたら是非ともよろしくお願いいたします。

              そしていつもギリギリの告知ですみません!
              12月20日(日)のアーティズムマーケットに参加します。
              会場配置場所は B-18 です。
              今回はいつもの仮面プラス、ミニ仮面を何かに使えるようにブローチに改造したのを持っていってみようと思います。
              個展以降に作った仮面も完成し、人形もあったらいいなと何年か前に作った女の子を手直ししている現在です。

              何事もなければ間に合うはず!それでは当日よろしくお願いいたします。
              イベント告知 | comments(3) | - | - |

              9月個展情報

              2015.08.14 Friday 20:35
              0
                こんにちは。毎日暑いですね。
                この間は、はじめて室温38度超えてびっくりしました。

                さて、初個展まであと半月ちょいくらいです。展示物は仮面オンリーです。たぶん!
                作品は完成したものあり、難航してるものありで、だんだん切羽詰まってきましたがなんとかなりそうな感じです。

                今まで出展してきたデザフェスやアーティズムも一日限りの個展みたいな気持ちでやってきたので、今回の展示もその延長線にあるような構えで行けたらいいなと思います。
                けれども展示場所や会期はまったく異なります。そこで観てくれる方からいったいどんな反応をいただけるのか、今からドキドキしております。

                改めて個展情報です。

                場所:お食事処 ちわき 
                    〒198-0101 東京都西多摩郡奥多摩町大丹波618-1
                    鷙:0428-85-1735   
                http://www.geocities.jp/chiwaki55/
                    ( 二階あがって奥のギャラリーです。)
                会期:9/1 〜 9/29  
                    ( ちわきさんの定休日は第2火曜・毎週水曜日です。9/1と9/29は搬入出も兼ねてバタバタしてるかもです。)
                時間:通常 11:00〜17:00

                行き方は、ちわきさんのHPのお店情報電車 バスの時刻表 に詳しく載っています。
                電車、バスをご利用される方はバスの時刻表から逆算して行ったほうがいいかもです。

                事前にお店に連絡していただければ、
                川井駅からお店の方に送迎してもらうこともできますが、
                混雑時は片道だけ・・・とお断りがあるかもしれません。ご了承ください。

                不在時はそれぞれの作品の説明ができないので、勝手で申し訳ないのですが今回の作品販売は小さい狐面だけにしようと思います。お土産にどうぞ^^

                そんなこんなでよろしくお願いします。来ていただけたらすっごい嬉しいです。


                9月はアーティズムマーケットがあるのですね。
                会場が前回と変わるということで、どうしようかと逡巡してたら12月にも開催されるのでそちらに応募しました。
                次の出展は12/20です。こちらもよろしくです。


                 
                イベント告知 | comments(4) | - | - |

                個展のお知らせ

                2015.04.23 Thursday 11:06
                0
                  どうもです。そして展示のお知らせです。

                  9月に個展します!創作仮面展です。
                  先走って6月って言ってしまいましたが、ごめんなさい、9月に決まりました。

                  場所は、奥多摩のお食事処 「ちわき」さんの2階ギャラリーです。
                  ちょっと遠いけど、凄くいいところ。
                  展示期間は9月中、1カ月間あります。
                  なので、おいしいご飯を食べにがてら観に来てくれるとうれしいです。

                  会期近くなったら、また改めてお知らせします。
                  もりもり作るぞー(^o^)


                  イベント告知 | comments(6) | - | - |

                  御礼

                  2015.03.31 Tuesday 23:59
                  0
                    4回目のアーティズムマーケットに出展してまいりました。
                    当ブースにお立ち寄りくださり、本当にどうもありがとうございました。また、出展者の方々お疲れさまでした。

                    今回は壁際のブースだったので、荷物を広げて設営・撤収がスムーズに出来たり、後ろの人に気を使う必要がなくてのびのびできました。帰りに雨もやんで良かったです。鏡を忘れたのが痛かった。

                    作品は3ヶ月前からの制作予定表をじりじりおしつつ、なんとか間に合わせることが出来てホッと胸を撫で下ろしています。
                    狐面の紙と胡粉をかえたら、利点と欠点が諸々発生して塗装がえらく苦戦してしまいました。胡粉、難しいです。

                    人形は、はじめて作った球体関節人形のリメイクでした。もとは白髪赤目の女の子だったんですが・・・あのような姿に。
                    急場ごしらえでしたが、自分が作りたい人形達のイメージ(雰囲気?)に一歩近づけたような気がしています。

                    観てくださった方々のリアクション、お会いした方々の言葉を栄養に、またモソモソ作っていこうと思います。

                    そして、まだくわしいこと未定の展示予定があるかもしれないので1ヶ月以内にまたお知らせしにきます^^


                     
                    - | comments(0) | - | - |

                    出展します!

                    2015.03.27 Friday 11:58
                    0
                      どうもごぶさたしております。

                      今回も29日のアーティズムマーケットに出展いたします。
                      場所はH−05、3階入り口からみて、左の奥の方になります。

                      全体的にホラーテイストになりました。
                      作品は委託から帰ってきたのを含めると全部新作になります。

                      ぜひぜひ観に来ていただけたら嬉しいです(^ ^)

                      人形は今こんなかんじ・・・!(汗


                      イベント告知 | comments(2) | - | - |

                      狐面をつくる(凸型編)

                      2014.11.15 Saturday 04:03
                      0
                        どうもです。
                        先日デザフェスに行ってきまして、狐面の需要と供給の高まりをひしと感じてまいりました。
                        今までに狐面はいくつか作っているのですが、ここはひとつ初心に帰って、
                        「少ない資材でなるべく時間をかけず、しかも低予算で自分好みの狐面が作れたら素敵じゃない?」を目標に作ってみました。
                        作り方は今までの経験をふまえて「狐面 作り方」で検索して出てくる先人の方々技法を参考にさせていただきました。とても参考になりました。



                                        
                        今回は自分の顔にぴったりサイズがいいな〜と思って下図を描きました。
                        鏡を見ながら顔に定規をあてて、左右の頬から頬、顎から生え際あたりまでの縦横の長さを測ります。それを元に適当な段ボールに、気持ち大きめの顔の輪郭をを描いて耳をはやします。


                                        
                        新聞紙をしわくちゃにして丸めてセロテープで固定します。左右対称になるように様子を見ながら少しずつ盛っていきます。

                                        
                        ふちの部分は束ねた新聞紙を下図にそって巻き付けるように貼り付けて、段ボールとなるべく垂直になるようにします。

                                        
                        こんな感じになりました。そうしたらラップを巻きます。ラップをとめるセロテープは土台に直接貼らないようにして、全体を覆ったら段ボールに固定目的で何カ所かとめます。

                                        
                        狐面を作りはじめた当初は新聞紙と100均の書道用半紙の厚口を使っていました。
                        今は手数を減らしたくて、障子紙を使っています。
                        新聞紙と半紙、もしくは半紙のみ使う場合は10層以上、障子紙を使うなら8層くらい重ねればお面としてかぶれるそこそこの強度になると思います。お好みで頑丈にしてください。
                        あらかじめ裂いた紙を量産します。
                        デンプン糊:ボンド=3〜4:1 を水で3〜4倍くらいに薄めた糊をまんべんなく紙に塗って、1層、2層・・・とどんどん貼っていきます。
                        ボンドは補強用で、入れなくてもいいです。紙の繊維の流れが1層目が縦なら2層目は横になるように交互に貼ります。また、口先や耳の部分はシワになりやすいので紙を小さくします。指作業です。


                                        
                        6層目を貼り終えたらテコ入れします。軽量紙粘土を水でやわらかくし、少しずつ盛りつけて耳を尖らせます。他に目立つへこみや左右不均等な所を修正します。
                        少し時間を置いて、紙粘土が触っても崩れないくらいに乾いたら7・8層目を貼ります。
                        一番上の表面になる層は、見た目をよくしたいので、半紙や障子紙の機械で裁断した面のある紙きれを貼らないように気をつけます。


                                        
                        1日くらい乾かします。表面は乾いて硬くなったけど生乾きだな〜って感じになったらラップを持って土台から抜いてしまいます。ラップを剥がして裏の剥がれかけを指でならして、さらに1日以上放置。土台から抜かずに乾燥させるよりも時間短縮できるような気がします。

                                        
                        乾いたら、シャーペンで薄く下書きをして切る線を決めます。
                        ふちをハサミで切って整えて、カッターで穴をあけます。ヒモ通し穴は4ミリくらい。

                                        
                        顔を描きます。下書きを描いては消しをくりかえし納得する顔になったら、アクリル絵の具で着色。
                        着脱しやすさ重視で、5ミリ幅の平ゴム35センチを外側から通して結び目を作ります。完成!

                        制作時間は3日くらいです。作業中、手拭き用の濡れタオルを用意しておくと便利。
                        下地やニス、ふちの処理等、省略してますが、部屋に飾ったりたまにかぶるくらいなら十分楽しめると思います。
                        メイキング | comments(3) | - | - |